モーニングをレンタルすれば費用をグッと抑えられる

教会

業者を選ぶときのポイント

ドレス

対応に注意

ウェディングドレスは、買い取りの場合とレンタルの場合があります。ほとんどの会場では、レンタル業者も提携していて、提携している業者からレンタルするのが一般的です。格安の会場では、自分でウェディングドレスのレンタル業者を探して持ち込むという方法もあります。ウェディングドレスの持ち込みは持ち込み料がかなりかかることが多いのですが、まれに格安の会場があり、そうした会場では持ち込みをするのもありでしょう。また、ドレス本体の値段が安ければ持ち込み料が高くても格安で着られます。ウェディングドレスのレンタル業者を選ぶときは、値段だけでなく、次のような点に注意するとよいでしょう。一つ目がデザインです。一生に一度の結婚式ですから、やはり満足の行くドレスが着たいと思うのが花嫁の自然な感情です。予算との兼ね合いもありますが、それでも「着たい」と思えるデザインのものがあるかどうかは確認しておきましょう。二つ目が対応です。試着可能かどうかをチェックするのはもちろんのこと、当日持ち込むときや結婚式が終わった後にどんな対応をとってくれるのかについても確認しておきましょう。試着するときに気持ちよく対応してくれるかどうかも重要です。三つ目が保障です。万が一汚してしまったり、破れてしまったりしたらどのような対応になるのかはチェックしておかねばなりません。高額な賠償請求があると大変なので、あらかじめ保障が契約に入っていると安心です。